すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
連合滋賀2014春季生活闘争総決起集会

連合滋賀2014春季生活闘争総決起集会

連合滋賀は、2014年3月8日(土)草津市の野村運動公園において、2014春季生活闘争総決起集会を開催し、参加者6,000名の組合員の意志結集をはかるとともに、デモ行進によるアピールを行いました。
集会冒頭、連合滋賀山田会長は、「2014春季生活闘争を、「デフレから脱却し、経済の好循環をつくり出す」ことを実現するための「底上げ・底支え」「格差是正」に向けた取り組みとして位置づけている。日本の経済社会を20年にわたって痛めつけてきたデフレからの脱却をはかり、持続可能な「安心社会」を実現するため、「経済成長と整合した未来指向型の賃金決定」をしていく必要があり、社会全体に波及効果を高める運動を繰り広げていかなくてはならない。賃金デフレから脱出するためにも、個人消費を着実に回復させ、すべての労働組合が月例賃金にこだわる闘いをすすめ、社会的相場を形成し、非正規、未組織労働者の賃金にも波及させる取り組みを強化する。さらに、「成長戦略」の名のもとに「解雇の金銭解決制度」や「ホワイトカラーイグゼンプション」の導入、解雇しやすい正社員を増やす懸念のある「限定正社員」の普及、労働者保護の後退を招くおそれのある労働者派遣法の見直しといった、労働者を保護するルールの改悪に反対し、すべての働く労働者がディーセントワークの実現のために春季生活闘争の勝利をめざして総力で闘いぬこう。」と訴えました。
このあと、三日月大造民主党県連代表、小坂淑子社民党県連代表から激励の挨拶を受けた後、松元光彦連合滋賀事務局長から情勢報告を行い、吉田守中小労組連絡会議事務局長、非正規労働者の立場から、森千歳さん(自治労湖南市臨時嘱託労組)と南牧子さん(情報労連NTT労組滋賀分会)からそれぞれ決意表明を行いました。
その後、後藤大輔青年委員会委員長による集会アピールを採択し、集会最後には、女性・青年委員会によるRSJ38(RengoShigaJosei38)による「希望のフォーチュンクッキー」を歌って踊って、「3.8国際女性デー」をアピールしました。
集会後は、JR草津駅とアルプラザ平和堂草津までの2コースに分かれてデモ行進を行い、シュプレヒコールを上げながら、市民に連合の要求と運動への理解をアピールしました。
 

 
「希望のフォーチュンクッキー」の詳細は下記から
3.8国際女性デー男女平等アピール・街頭行動

back to page top
facebook page
instagram page
youtube page