すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
連合滋賀議員団会議研修・交流会

連合滋賀議員団会議研修・交流会

連合滋賀議員団会議では議員としての政策能力を高めるべく2018年4月17日から2日間にかけて議員団研修を実施し15名の議員団会員が参加しました。
 
1日目 神奈川県庁
・2018年に神奈川県で開催された「第73回冬季国体アイスホッケー競技について」
・セーリングなどの競技を行う予定である「東京2020オリンピック・パラリンピックの神奈川県での競技内容について」
滋賀県で2022年に開催される「第79回国民体育大会・第24回全国障害者スポーツ大会」に向けて、準備・運営にてご尽力された事などを説明いただきました。
・「さがみロボット産業特区について」
急速に進む高齢化、いつ起きるか分からない自然災害から県民の「いのち」を守るために、生活支援ロボットの実用化・普及を目指す取り組みを紹介いただきました。
 
さがみロボット産業特区 スペシャルアニメ:手塚プロダクション制作
 
2日目はさがみロボット産業特区の象徴ともいわれる「湘南ロボケアセンター」を訪問し、脳卒中や脊髄損傷など様々な理由で体が動かなくなった人の脳から神経を通じて送られた生体電位信号を検出し体に装着することによって身体機能を改善・拡張・補助することができる世界初のサイボーグ型ロボットスーツHALについてご説明いただきました。
また、JAXA相模原に訪問し、小惑星探査機「はやぶさ」の展示などを見学するとともに、日本のロケット技術についてご説明いただきました。
 

back to page top
facebook page
instagram page
youtube page