すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
3.8国際女性デー街頭行動・学習会

3.8国際女性デー街頭行動・学習会

連合滋賀女性委員会は、国連が定める「国際女性デー」にあわせ2018年3月8日に街頭行動をJR南草津駅周辺にて、学習会を草津市立市民交流プラザにて開催しました。
街頭行動では「国際女性デー」のシンボルであるバラにちなんだバラの香りの入浴剤とチラシを配布するとともに、マイクリレーにて道行く人にアピールを行いました。
 
学習会は「男性育休取得者によるパネルディスカッション」と題し、実際に育休取得をされた松本剛さん(滋賀県教職員組合)、小林正人さん(ダイキン工業労組)、安田智宏さん(JP労組)の3名の方に、取得された経緯や職場での反応、男性が育休取得するための課題などについてお話いただきました。
三者三様の経験をお聞きし、「履歴書には載らない本当の意味でのキャリアを経験できたと思う。」「子どもの成長を点ではなく線で感じることができた。」「一度、育休取ってみなはれ。それが次の人につながる。」など熱いメッセージを述べられ、育児に関わることの良さを学ぶとともに、フェアな夫婦関係の構築など、自分の固定観念について考えさせられる機会となりました。
 
男性の育休取得率はわずか3%というのが現状です。
固定観念にとらわれず、家庭の仕事を女性だけに押し付けることなく、誰もが自分らしく生きられる社会をつくっていきましょう!
 

back to page top
facebook page
instagram page
youtube page