すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
「職場から始めよう運動」学習会

「職場から始めよう運動」学習会

連合は「職場から始めよう運動」と称し、正規・非正規の枠を超え、すべての働く者の処遇改善を目指し、非正規の仲間づくりを進める運動に取り組んでいます。 7月24日にライズヴィル都賀山にて「職場から始めよう運動」を進めるための学習会を開催いたしました。
 
学習会では連合本部非正規労働センターより石田輝正局長に「職場から始めよう運動を拡げよう!」と題してご講演いただきました。
現在の非正規労働者の割合・処遇について説明され、非正規と組織化事例を紹介してもらい正規・非正規の枠を超えた仲間づくりをしていく必要性について知識を深めました。
連合滋賀構成組織の事例紹介では情報労連の蒲生二三生さんよりNTT労組で取り組まれている非正規の仲間づくりの取り組みをご説明いただき、その後、グループディスカッションを各グループで行い、運動を進めるための課題・解決策などについて意見交換をしていただきました。グループ発表では、「無期転換ルール」について「非正規の当事者の方々でも理解している人が少ないのではないか?」という質問があり、石田局長から「悪質な雇止めを防ぐためにも、労働者も無期転換ルールの要点を理解するよう心がけてほしい。」と強く述べられました。


学習会の様子

非正規労働センター 辻 喜則 委員長

連合本部非正規労働センター 石田 輝正 局長

事例紹介をする蒲生さん

グループディスカッションD

グループディスカッションC

グループディスカッションA

グループディスカッションB
back to page top
facebook page
instagram page
youtube page