すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
第29回部落解放滋賀県民会議総会

第29回部落解放滋賀県民会議総会

連合滋賀と部落解放同盟滋賀県連合会で構成される部落解放滋賀県民会議の総会が53名の参加にて行われました。
2019年の活動方針として、職場・地域に根差した差別撤廃に向けた取組を引き続き行うこと、また近年問題となっている、ネット上での悪質な差別書き込みの横行、プライバシーの侵害を許さない取組を強めること、狭山事件の再審に向けた世論の関心を高めるための周知活動を行うことなどが確認されました。
総会後、(公財)滋賀県人権センター 副主幹 川井一久氏による、「インターネットモニタリング事業1年間の実績について」、(公財)反差別人権研究所みえ 常務理事兼事務局長 松村元樹氏による、「ネット上の差別の現状と課題」という2つの講演が行われ、ネット上の様々なサイトで差別的書きこみが横行し、それをどう規制・防止してゆくのかが大きな課題であることなどが講演されました。
 

部落解放滋賀県民会議,総会,滋賀県人権センター
back to page top
facebook page
instagram page
youtube page