すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
第88回滋賀県労働者統一メーデー

第88回滋賀県労働者統一メーデー

 
連合滋賀と滋賀県労働者福祉協議会は「長時間労働の撲滅、ディーセント・ワークの実現、今こそ底上げ、底支え、格差是正の実現を!」をメインスローガンに、2017年4月29日に第88回滋賀県労働者統一メーデーを開催し、県下4会場で約5,600人が参加しました。
今年のメーデー中央集会は栗東芸術文化会館さきらで、子どもや家族連れなど組合員約1,200人が参加し、開催しました。
式典では、開催地である第3区地区メーデー実行委員会の又吉健太郎副実行委員長と中央集会の主催者を代表して、連合滋賀の山田清会長が開会挨拶を行いました。また、三日月大造滋賀県知事、橋川渉草津市長、田島一成民進党滋賀県連代表、小坂淑子社民党滋賀県連代表をはじめ友誼団体、事業団体から多くの来賓の方々がご臨席され、各界を代表してそれぞれの立場でご挨拶いただきました。その後、メーデースローガンを確認し、メーデー宣言、「長時間労働を是正する取り組みの強化に向けた特別決議」の採択、チャリティー贈呈を行い、瀬川真司の発声によるガンバロウ三唱で式典を終えました。
会場では第24回「人・自然・やすらぎフェスタ」が開催され、福祉支援バザー、模擬店、抽選会、イベントなどが行われ多くの組合員や市民の方で賑わいました。

back to page top
facebook page
instagram page
youtube page