すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
第24回演奏会「みんなの心によろこびを!」

第24回演奏会「みんなの心によろこびを!」

おうみ少年少女合唱団定期演奏会、第24回演奏会を2015年12月23日に大津市民会館で開催しました。
毎年の恒例行事となっているようで、ご家族、お友達、学校の先生など多くの方に観ていただきました。昨年から、一旦卒団し社会人となった仲間OG・OBも「ダ・カーポ」として加わり、年齢層が広がる演奏会となりました。

2015年12月22日に野洲市の橋梅楼にて、政策能力向上と連携の強化のために行っている連合滋賀議員団会議「ネットワーク会議」を開催しました。
冒頭に連合滋賀連合議員団会議の今江政彦会長と、連合滋賀の山田清会長にご挨拶いただき開会、今回は各議会での取り組み・課題について共有を図るべく、県政については九里学滋賀県議会議員から「議会の仕組みについて」、また角田航也滋賀県議会議員に「交通政策と琵琶湖再生法について」お話しいただきました。
国政については田島一成衆議院議員から第189回通常国会に行われた議案の内容についての報告いただき、また来年に向けての国会情勢をお話しいただきました。

連合は政府が重きを置く国・企業の立場ではなく、働く者・生活者の立場から「働く人が報われる社会」を念頭においた社会的対抗軸を、組合員だけではなく、広く国民に訴える新たなキャンペーンを展開することを決定しました。
これを受けて、連合滋賀としてもキャンペーンの開始を宣言すべく2015年12月21日(月)JR彦根駅前にて街頭活動を実施しました。
連合滋賀山田会長や川瀬副会長からはキャンペーンの4つの柱(①「底上げ・底支え」「格差是正」で経済の好循環 ②安全・安心のセーフティネットの構築 ③ディーセント・ワークの実現 ④健全な民主主義を取り戻す)について訴えがなされると共に、「応援団」とは連合に集う組合員ひとり一人であり、「応援される」のは連合の組合員であるかどうかの垣根なく、働く仲間、また働きたいと願う仲間のひとり一人であることが宣言されました。また、街頭活動には田島衆議院議員も応援にかけつけて下さり、改めて労働者・生活者に立った政治の重要性も訴えられました。

連合ユニオン滋賀第17回総会を2015年12月20日にアクティ近江八幡にて開催しました。
冒頭、連合ユニオン滋賀を代表し尾上委員長、来賓に連合滋賀の山田会長からご挨拶をいただき、非正規労働者などの現状課題を踏まえ、「連合ユニオン滋賀」の必要性を強く訴えました。
また、現在ユニオン加盟をしている組合員の一人ひとりに自己紹介をしていただきました。そして議事運営に入り、龍議長の進行のもと、2015年度の活動報告、2016年度の取り組み方針などを確認いたしました。
今後も未組織や未加盟の労働者など、労働組合を必要とする人々にとっての受け皿となり「全ての職場に健全な労使関係を構築する」という目標に向け、一歩一歩確実に運動を進めていきます。

女性委員会26回総会と青年委員会第25回総会を2015年11月28日(土)に草津市立まちづくりセンターにて同時開催で行いました。
はじめに女性委員会藤岡委員長、青年委員会塩澤委員長より代表の挨拶を述べました。そして来賓に男女平等推進委員会から連合滋賀比嘉副会長にお越しいただき、今後の女性委員会・青年委員会に期待するご挨拶をいただきました。
その後、2015年活動報告、2016年活動計画を確認、最後に2016年役員選出にて新役員を選出、次期女性委員長に引き続き藤岡順子委員長、次期青年委員長に矢部隼人委員長を選出し、これからも女性委員会・青年委員会の活動をより一層活発にしていこうとガンバロー三唱にて総会を締めくくりました。
総会終了後は両委員会参加者が合流し、「ジェンダー」についての知識を広げ、職場や家庭における身近な課題に対する感受性を磨き、同僚や家庭への働きかけができる人材を育成するために「女と男のいきいきフォーラム」を開催しました。
フォーラムからの参加の方も含め総勢約90名の参加のもと、講師に三日月大造滋賀県知事をお迎えし「男女共同参画で新しい豊かさを~働く場における女性の活躍推進」と題し、県の男女共同参画についての現状や、現在行っている様々な取り組みについてお話しいただきました。
講演後は「私たちの職場における女性の活躍の現状と課題」「男女共同参画に向けて私たちの職場でできること」の2つのテーマについて、グループディスカッションを行い、話しあった内容をそれぞれ発表しました。三日月知事にはディスカッションの間、グループをまわりながら、ひとりひとりと意見を交わしていただきました。最後に知事から締めのお言葉として「こういった話し合いで大切なのは、次の実践にうつしていくこと。まずは、皆さんが考えたことを自分たちの職場で実践していきましょう。」と、取り組みを進めていく上で大切にしている事などをお教えいただきました。

組合員に講演する三日月大造滋賀県知事
意見交換を行う三日月大造滋賀県知事
意見交換を行う三日月大造滋賀県知事

2015年11月14日(土)にライズヴィル都賀山にて、中小労組連絡会議の総会・研修会を行いました。
総会では、冒頭、連合滋賀白崎副会長(私鉄総連)から、中小労組出身副会長として、厳しい中小労組の現状をどう改善すべきか、連合滋賀と中小労組連絡会議との連携を図り取り組んでいきましょうと挨拶をいただきました。
2015年度の活動報告、2016年活動計画、2016年度役員体制を確認し、2016年度の活動に向け、スタートを切りました。
その後の研修会では、連合総合労働局より曽原倫太郎 労働条件・中小労働対策局長から「2016春季生活闘争に向けた中小労働運動の取り組み」と題し、現在の情勢や連合の2016春季生活闘争方針・基本構想を中心に、中小労組としての取り組むべき内容など、詳しく説明いただきました。

連合滋賀第14回定期大会を2015年11月6日(金)に琵琶湖ホテルにて多くの代議員の参加のもと、開催いたしました。
冒頭、連合滋賀山田清会長から代表挨拶を行い労働者派遣法の改定や安保関連法案を問題視し、それを食い止めるためにもそれぞれの職場などで多くの人と対話をし、活動を広める必要性について強く訴えました。また、来賓の方々に多数ご臨席いただき、連合総合総務財政局総合局長の寺田弘局長をはじめ、三日月大造滋賀県知事、民主党滋賀県連代表の林久美子参議院議員、川端達夫衆議院議員、田島一成衆議院議員からご挨拶をいただきました。
その後、議事に入り、次期の活動方針などひとつひとつの議案を進め、新役員体制を確認、次期会長として山田清会長の再任を決定いたしました。

滋賀県に対する「2016年度政策・制度要求と提言」について、要請書を2015年9月1日に提出し、2015年10月14日(水)、15日(木)、16日(金)の3日間で9部局と協議を行いました。この部局協議を踏まえ2015年11月5日(木)に三日月知事をはじめ各部局長との総括協議を行いました。県の基本構想にかかげるプロジェクトの推進、女性活躍推進、雇用の確保、びわ湖の環境保全など様々な観点から意見交換を行いました。

2015年10月29日(木)に退職者連合近畿ブロック協議会主催のハイキングが開催されました。
当日は、澄みきった青空の下、近畿各府県より約1,400名が参加しました。連合滋賀高退協からも67名が参加し、和歌山城砂の丸広場で出発式を行った後、天守閣や庭園、動物園などを散策したり、各ポイントで語り部による話を聞くなどおもいおもいに散策を楽しみました。安全かつ軽快に楽しむことができ、また、互いの交流も深め合うことができた楽しい一日となりました。

スポーツを通じて、組合間交流をすることを目的に行っている青年委員会が主催する第20回スポーツ交流会を、2015年10月24日(土)に野洲市総合体育館にて開催いたしました。
今年は記念すべき第20回大会ということもあって、初の試みで運動会を実施し、スタッフ合わせ100名以上が参加する大会となりました。
冒頭に、塩澤青年委員長より開会の挨拶を行った後、準備運動としてラジオ体操を行い運動会をスタート、より交流を深めるため、組合の枠を超えた大きな混合チームを4つ構成しチーム対抗で競技を行いました。運動会でおなじみの玉入れや綱引きなど全部で6種目の競技を実施し、みんな白熱しながら競い合いました。また、お子様も参加できる競技なども多く用意したおかげで、ご家族で参加いただいた方にも楽しんでいただきました。

back to page top
facebook page
instagram page
youtube page