すべての働く人たちのために、雇用と暮らしを守る取り組みを進めています

日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
実現しよう!長時間労働のない職場

実現しよう!長時間労働のない職場

コロナ禍においても、誰もが安心して、健康に働き続けられる環境づくりが必要です。職場の取り組みを確認・徹底し、長時間労働を是正しましょう。
 

長時間労働の是正にむけた「取り組み」のポイント

 

あなたの職場、36協定をきちんと結んでいますか?

結ぶときには、下記の点を確認しましょう
 

 

ちゃんと選んでる? 「過半数代表者」
 

36協定は使用者(会社)と労働者の過半数を組織する労働組合などが協議のうえ結ぶものです。過半数労働組合がない場合には、労働者の過半数を代表する「過半数代表者」が使用者と協定を結ぶことになります。働く仲間を守る36協定を結ぶためにも、投票や挙手などの民主的な方法により、「過半数代表者」を適正に選びましょう。

 

2021年4月より、36協定届のココが変わります!

  • 使用者の押印欄が廃止されるのは、行政へ届け出る36協定届のみです。
  • 労使で結ぶ36協定には、今まで通り、労使で話し合いの上、押印等をして結びましょう。
  • 行政に提出する36協定届が36協定を兼ねている場合には、今まで通り36協定届に労使双方の押印等が必要です。

※36協定:時間外・休日労働に関して、労使で書面により結ぶ協定
※36協定届:結んだ36協定の内容を、労働基準監督署に届け出るための様式
 

チラシ

掲載:2020年12月

back to page top
facebook page
instagram page
youtube page