日本労働組合総連合会滋賀県連合会 連合滋賀

0120154052
滋賀退連第15回グラウンドゴルフ大会

滋賀退連第15回グラウンドゴルフ大会

毎年恒例で開催している第15回グラウンドゴルフ大会を2022年9月27日(火)に連合滋賀、労福協、近畿労働金庫、こくみん共済coop、住宅生協の後援により、竜王町総合運動公園ドラゴンハットにて開催し滋賀退職者連合加盟組織の9組織から男性62名、女性13名の計75名の競技者と運営事務局あわせ83名が参加し開催しました。
大会に先立ち増田勝治(UAゼンセンIKI・IKIライフクラブ)連合滋賀退職者連合会長から開会の挨拶の後、藤田徳重(NTT労組退職者の会)実行委員長からルール説明が行われ大会を開始、清々しい天気の中、皆さま気持ちよく汗をかきながら笑い絶えずプレーを楽しみ、組織の枠を超え交流を深めることができました。
優勝は男性の部では岡田恭彦さん(滋賀県退職教職員協議会)、女性の部では加藤ヨリ子さん(UAゼンセンIKI・IKIライフクラブ)が優勝されました。
 

 

グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット

 

大会の様子

グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット
グラウンドゴルフ大会,2022年,連合滋賀,滋賀退職者連合,9月27日,ドラゴンハット

女性の部 表彰

1位 加藤ヨリ子

2位 大矢三千代

3位 角彰子

4位 竹村いく子

5位 村井あつ子

猛打賞 土田雅子

 

男性の部 表彰

1位 岡田恭彦

2位 角靖敏

3位 山田隆

4位 日高孝一

5位 酒田郁

猛打賞 西澤達雄(代理:鎌田豊)

連合滋賀広報教育委員会にて滋賀県内で撮影したとっておきの一枚を応募いただく「連合滋賀フォトコンテスト」を企画し、2022年5月1日~8月1日までの期間で57点の応募がありました。
応募作品を連合滋賀広報教育委員会で品評した結果、最優秀賞1点、優秀賞3点と、佳作6点を入選作品といたしました。
最優秀賞については、連合滋賀第19回定期大会の表紙として活用させていただきます。
 

最優秀賞(1点)

連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,最優秀賞
荒木 裕一郎

優秀賞(3点)

連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,優秀賞
古川 聡
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,優秀賞
清水 康治
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,優秀賞
藤本 繁浩

佳作(6点)

連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,佳作
上野 雄司
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,佳作
西村 優紀子
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,佳作
岩波 たかし
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,佳作
千代 哲雄
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,佳作
中村 友美
連合滋賀フォトコンテスト,2022年,連合滋賀広報教育委員会,佳作
津田 和渡

応募作品全点

01
02
03
04
05
06
07
08
09
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
32
33
34
35
36
37
38
39
40
41
42
43
44
45
46
47
48
49
50
51
52
53
54
55
56
57
第26回近畿ブロック女性リーダーセミナーを2022年9月3日(土)に新型コロナウイルス感染拡大防止のため、完全リモートで開催しました。
 
冒頭に、連合近畿ブロック連絡会共同代表の西田一美(連合奈良会長)より挨拶を行いセミナーをスタートしました。
 
最初に、本部提起「ジェンダー平等多様性推進運動と女性リーダーへの期待」を連合総合政策推進局の井上久美枝局長より、連合「ジェンダー平等推進計画」について、また、なぜ労働組合がジェンダー平等に取り組むのか、クミジョの「壁」など労働組合運動に女性が定着していくためにはどういった課題があるかなどご説明いただきました。
 
次に「「女性が輝く社会をつくろう」 社会で活躍する女性のロールモデル」と題し、田村まみ参議院議員から講演いただきました。
会社で働き、労働組合をされていた際に、カスタマーハラスメントや、扶養の壁の問題など自身の経験から、国会議員になることを決意された経緯についてお話いただきました。ロールモデルになろうと思ってやってきたわけではなく、自分が感じる世の中の不条理に対して、おかしいけどそのまま流すのではなく、正しいと思うことやろうと、自分で思ったことを実行してこられ、「自分の人生を自分自身でどれだけ決めて生きてきたか」、自分で自分自身のことを決める大切さなどについて熱く語られました。
 
次にグループワークを行い「職場や労働組合で「感じた・経験した壁(課題)」と、それを乗り越えるためには」をテーマに、5人程のグループに、ZOOMのブレイクアウトルームを使用し別れ話し合っていただきました。
また、各グループには話し合いの結果について発表いただき、その内容について井上久美枝局長より講評をいただきました。
 
最後は、近畿ブロックの各女性委員会を代表し、連合大阪女性委員会の赤瀬史委員長から閉会の挨拶を述べ、セミナーを締めました。

連合近畿ブロック女性リーダーセミナー,女性委員会,2022年9月3日,相澤三千代,連合滋賀,連合京都,連合大阪,連合兵庫,連合奈良,連合和歌山,労働組合
司会をする相澤連合滋賀女性委員長
連合近畿ブロック女性リーダーセミナー,女性委員会,2022年9月3日,参加者,連合滋賀,連合京都,連合大阪,連合兵庫,連合奈良,連合和歌山,労働組合
セミナー参加者
連合近畿ブロック女性リーダーセミナー,女性委員会,2022年9月3日,井上久美枝,連合滋賀,連合京都,連合大阪,連合兵庫,連合奈良,連合和歌山,労働組合
井上連合総合政策推進局長
連合近畿ブロック女性リーダーセミナー,女性委員会,2022年9月3日,田村まみ参議院議員,連合滋賀,連合京都,連合大阪,連合兵庫,連合奈良,連合和歌山,労働組合
田村まみ参議院議員
連合近畿ブロック女性リーダーセミナー,女性委員会,2022年9月3日,グループワーク,連合滋賀,連合京都,連合大阪,連合兵庫,連合奈良,連合和歌山,労働組合
グループワークの様子
次世代の組合リーダーの育成を目的とした「淡海リーダーセミナー」の第9期生の最終講座を2022年8月27日(土)、近江八幡市のホテルニューオウミにて開催しました。
最終講座は連合滋賀副会長とのディスカッションを行い、第1部では受講生からの質問に副会長が答えるQ&A形式のディスカッション、第2部は「働くことを軸とする安心社会の実現に向けて自分たちがすべきこと」をテーマにグループワークを実施しました。
「卒業生に対し期待したいこと」「女性比率が低い組織の女性参画を進める方法」「男性の育児休暇促進」「ジェンダー多様性」「政治参画」など、多岐にわたる課題について議論を交わし、考えていただきました。
昨年に引き続き、コロナ禍でWEBとのハイブリッドでの開催など受講生同志の交流もなかなかやりづらい連続講座となりましたが、5日間で8回の講義を受けていただくことができました。この「淡海リーダーセミナー」で培った経験を今後の活動へと生かしていただけたら幸いです。
 

淡海リーダーセミナー,連合滋賀,9期生,ホテルニューオウミ,労働組合,2022年
淡海リーダーセミナー,連合滋賀,9期生,ホテルニューオウミ,労働組合,2022年
淡海リーダーセミナー,連合滋賀,9期生,ホテルニューオウミ,労働組合,2022年
淡海リーダーセミナー,連合滋賀,9期生,ホテルニューオウミ,労働組合,2022年
淡海リーダーセミナー,連合滋賀,9期生,ホテルニューオウミ,労働組合,2022年
淡海リーダーセミナー,連合滋賀,9期生,ホテルニューオウミ,労働組合,2022年
ワークルール検定,WR検定,連合,労働組合,2021年11月28日,受検,受験,募集,働く上で知っておきたいルール,決まり,テスト,連合滋賀,ワークルール検定協会,厚生労働省

 
連合が全国で検定広報・運営に全面協力しております一般社団法人・日本ワークルール検定協会主催の「ワークルール検定」2022・秋が以下の要領で初級検定・中級検定を開催します。
正社員はもちろんパート・アルバイト・学生・派遣社員・管理職の方々までどなたでも職場で役立つ法律知識を身につけられる検定となっています。各労働組合では、執行委員の方々の基礎知識の点検と学習に是非とも取り入れていただくようお願いいたします。
 

ワークルール検定
2022・秋のご案内

日 時

2022年11月27日(日)
【初級検定】
11:00~11:45(10:15受付開始)
※検定に先立ち60分間の労働法を基礎的仕組みを解説する「ワークルール講習」(無料)をWEBにて実施します。本検定にあたっては、この講習を事前に受講してください。
※検定会場、WEBでの受講方法詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。
【中級検定】
13:30~14:50(12:50受付開始)
※希望者を対象とする中級事前講習を、新型コロナウイルス感染症拡大に伴いWEBにて実施します。
※受講料:5,000円(税込)
※中級事前WEB講習は、中級検定を受検されない方でも受講できます。
※検定会場、WEBでの受講方法詳細は公式ウェブサイトをご確認ください。

検定会場(滋賀県近隣会場)

【初 級】
京 都:京都労働者総合会館 2階大ホール(定員100名)
奈 良:ホテルリガーレ春日野 吉野の間(定員50名)
※その他、全国各地の会場で一斉開催されます。他の会場情報はワークルール検定のホームページをご覧ください。

検定料

初級:2,900円(税込)/
中級:4,900円(税込)

申込期間

2022年9月5日(月)~10月20日(木)

その他

詳しくは下記のワークルール検定協会のホームページをご覧ください。

<お問い合わせ先>
一般社団法人ワークルール検定協会
〒101-0062 
東京都千代田区神田駿河台3-2-11
TEL03-3254-0545
ホームページ:
http://workrule-kentei.jp

ワークルール検定とは?

「ワークルール」とは、働くときに必要な法律や決まりのことです。現在、日本では、労働相談件数の増加や、いわゆるブラック企業」問題などに象徴されるように、企業・使用者側、労働者双方のワークルールに関する知識の欠如に起因する労働問題が顕在化しています。
しかしながら、学校教育の過程ではワークルールについての教育はほとんどされておらず、実際の職場でもそれについて話し合う契機がほとんどないのが現状です。働き方が大きく変化し、労働契約法、パート・有期雇用労働法、派遣法などの立法・法改正が行われるなかで、自分を守るためにワークルールを知るニーズが拡大しています。このような問題意識から、ワークルール検定制度を2013年に創設しました。誰もが安心して働ける職場をつくるために、この検定制度を大いに生かしていただきたいと願っています。

関連リンク

連合滋賀議員団会議第32回定期総会を2022年8月20日(土)にクサツエストピアホテルにて開催しました。
新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、規模を縮小し、議員団会議会員と、連合滋賀三役、地協役員あわせて54名の参加のもと開催しました。
 
総会は上石田昌子幹事(栗東市議会議員)の司会から、議長に田中知久氏(大津市議会議員)を選出し開会しました。
冒頭、代表挨拶として江畑弥八郎議員団会議会長、また白木宏司連合滋賀会長代理・副会長、斎藤アレックス衆議院議員、徳永久志衆議院議員、嘉田由紀子参議院議員よりご挨拶を賜りました。
総会では2021年度の活動報告、会計報告、会計監査報告が承認されたあと2022年度の活動方針、予算、役員の選出等の全ての議案が承認されました。
総会終了後には研修会が開催し、認定NPO法人カタリバの和田果樹さんから「支援の現場から考える、ヤングケアラーを支える社会に必要なこと」と題し、ヤングケアラー支援の現場の状況から、様々な課題についてご講演いただきました。
支援施策が充実していたとしても、その支援を受けたことによる世間の偏見への恐怖や、そもそも支援をしている団体への不信感を持たれることもあることや、実態が調査の聞き方によっても変わり、特に当事者の方がヤングケアラーに陥っている自覚がない場合が多く、そういった人を取りこぼさない信頼を持って相談できる相手になる「伴走型支援」が重要であることなどをお話いただきました。
質問の時間では、政治からどういった支援施策を講ずるべきかといった質問に対し、支援をしなければならない人を捕捉するために自治体と支援団体との情報共有できる仕組みづくり、また当事者だけでなく、その家族も含め支援できるような制度設計をつくること、どんなコミュニティでもよいので、しんどい事を気軽に相談できるような環境づくり支援など、一現場の声として語られました。
 

用語解説

ヤングケアラーとは?

本来、大人が担うような家事や家族のケア(介護や世話)を日常的に行う、18歳未満の子どものこと

 

連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,代表挨拶をする江畑弥八郎滋賀県議会議員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,議長に選任された田中知久大津市議会議員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,江畑弥八郎滋賀県議会議員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,白木宏司連合滋賀副会長
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,斎藤アレックス衆議院議員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,徳永久志衆議院議員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,嘉田由紀子参議院議員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,次期役員
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日,認定NPO法人カタリバ和田果樹
連合滋賀議員団会議第32回総会・研修会,クサツエストピアホテル,2022年8月20日

関連リンク

連合滋賀は働く者・生活者の立場から毎年滋賀県に対し、要求・提言を行っています。2022年8月5日(金)に滋賀県に対し「2023年度政策・制度要求と提言」の要求書を提出しました。
要求書には、新型コロナウイルス感染症に起因する経済・産業・雇用への対策や支援、医療・福祉現場への支援体制の在り方、大規模災害への対応、子ども・子育て、教育、男女平等・女性活躍推進とワーク・ライフ・バランス、エネルギー問題、地域交通の在り方など多岐にわたり組合員・滋賀県民としての意見を盛り込んでいます。
 
連合滋賀2023年度「政策・制度要求と提言」PDF(2022年8月5日提出)
 

2023年度政策・制度要求,連合滋賀,要請,労働組合,政治,新型コロナウイルス感染症,労働者,仕事
2023年度政策・制度要求,連合滋賀,要請,労働組合,政治,新型コロナウイルス感染症,労働者,仕事
2023年度政策・制度要求,連合滋賀,要請,労働組合,政治,新型コロナウイルス感染症,労働者,仕事
2023年度政策・制度要求,連合滋賀,要請,労働組合,政治,新型コロナウイルス感染症,労働者,仕事

2022年7月17日(日)告示7月24日(日)投開票で執行されました長浜市議会議員選挙におきまして、連合滋賀が推薦する「岩川信子」「藤井登」候補が当選を果たすことができました。

投票結果

 
※推薦候補者のみの情報を記載しております。

長浜市議会議員選挙(定数:22 立候補者数:28)

有権者数:93,668人
投票者数:45,578人
投票率:48.66%(前回:46.54%)

候補者名 所属政党 得票数 結 果
岩川 信子 無所属 1,367票 当選
藤井 登 無所属 1,348票 当選

 

長浜市議会議員選挙,岩川信子
岩川 信子
長浜市議会議員選挙,岩川信子
藤井 登
連合滋賀最低賃金対策委員会は滋賀労働局長に対し、以下の6業種に特定(産業別)最低賃金の改正申出書を2022年7月19日(火)に提出し、意見交換会を行いました。
新繊維 窯業・土石
一般機械 精密・電気
自動車 各種商品小売
 
【特定(産業別)最低賃金とは?】
特定の産業に働いている人たちの最低水準の賃金を保障し、その産業の労働者のために公正な賃金を追及することを目的としています。地域別最低賃金より高い最低賃金を定める必要があると認められる特定の産業に限って設定されるもので、最低賃金審議会を構成する労働者側代表、使用者側代表、公益代表の三者により金額の審議がなされます。
 

滋賀県特定最低賃金改正申出書提出
滋賀県特定最低賃金改正申出書提出
滋賀県特定最低賃金改正申出書提出
滋賀県特定最低賃金改正申出書提出
滋賀県特定最低賃金改正申出書提出
滋賀県特定最低賃金改正申出書提出

関連情報

連合滋賀は「働くことを軸とする安心社会」の実現に向けて、滋賀の県政に積極的に関わってゆくため、各構成組織や地域協議会、労福協等から要求や意見を集約し、滋賀県をはじめ各自治体に対する「政策・制度要求と提言」の取り組みを行っています。
2022年7月14日(木)に連合滋賀「2023年度政策・制度要求と提言」討論集会をキラリエ草津にて開催し、要求内容について議論を行いました。
討論では子ども・子育て支援と予算の拡充、子ども食堂が子どもだけでなく地域の居場所となるようにすること、教職員不足の解消と教員定数の見直し、部活動の地域移行への慎重な検討、増加する外国人労働者を受け入れる中小企業側の理解とサポート体制やその地域で生活する家族、学校での子どもへの様々な支援強化、学生の県内就職の定着・促進など様々な意見がでました。

連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
連合滋賀,2023年度政策・制度要求,キラリエ,草津市
back to page top